塗料紹介

 

温かい家暖かい色を

 

 

塗料は使われている樹脂によって、

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つに大きく分類することができます。

同じ樹脂でも耐久性・防水性、臭いの強さなどが異なる様々なタイプの塗料があります。 
この塗料を使わなければいけないということはありませんので、

ご不明な点があれば本当に何でも聞いてください。

塗料の特徴詳細

外壁塗装
こちらの種類は多種多様になります。

機能性とコストの両面から選定するのがよいでしょう。

代表的な塗料の種類をあげてみました。

 

ウレタン系塗料  当社オススメ

アクリル系塗料の汚れやすいという欠点を解消して開発されました。

価格と性能のバランスが良い対衝撃に強く、傷が付きにくい。

ドアの塗装やアルミ金物などの塗装に最適です。

 

ポイント
汚れやカビ・コケは付きにくいですが、洗浄機能はなく、

年数が経つにつれて汚れが目立ちます。

 

シリコン系塗料  当社オススメ

現在、住宅の塗り替え市場では主流の塗料になります。

アクリルやウレタンに比べ、汚れ、ひび割れに対して非常に強く、

長期間にわたって美しさを保てる塗料です。

最近は費用がウレタン系塗料とさほど変わらなくなってきおります。

 

ポイント

長い目で見た場合コストパフォーマンスが良い塗料です。

 

フッ素樹脂塗料 

フッソ樹脂は化学的に極めて安定で、耐紫外線性、耐候性、耐アルカリ性、

耐水性などの性能がすぐれています。

 

ポイント

シリコン系塗料と並んでコストパフォーマンスの良い塗料です。

 

屋根塗装
屋根は建物の中でも非常に重要な部分になります。

屋根が痛んでは建物のあらゆる部分に悪影響を与え、

また耐用年数を大幅に短くしてしまいます。

屋根塗料は一般的には屋根材表面を長期的に保護し劣化防止の役割をします。

 

お問い合わせ

FAX:028‐612‐5438

 

お問合わせはこちらから